ポーセラーツ・第7回コンクール 審査会

コンクールテーマ
「私の好きなアンデルセン(生誕200周年記念・アンデルセン部門)」
 生誕200周年で盛り上がるアンデルセンをテーマにした飾り皿の作品です。
 アンデルセンの物語や、アンデルセンの人物像、デンマークの町並みを描いた作品が並びます。

「紅茶が美味しくなるティーセット(創立300周年記念・トワイニング部門)」
カップ&ソーサーを基本にポットやプレートなどあわせたティーセットの作品です。
紅茶を美味しくいただくための絵付けを施した作品が並びます。
創立300周年を迎えたトワイニングブランドを国内で展開する片岡物産とのコラボレーションから生まれた部門となっており、オリジナルのティーセットで楽しいティータイムを過ごすための絵付けをした作品が並びます。

「淑女に贈るプレゼント(リッツ・カールトンのクリスマス部門)」
お客様満足度ナンバーワンを誇る一流ホテル「ザ・リッツ・カールトン大阪」を舞台にしたクリスマス。昨年のクリスマスはポーセラーツのオーナメントで飾ったツリーが話題となりました。今年はツリーはもちろん、ロビーなどポーセラーツでホテルのクリスマスを演出してまいります。コンクールでは淑女に贈るプレゼントとして、フタものとペンダントをセットにした作品を募集し、入賞となった作品はホテルのザ・ロビーラウンジにて展示されます。

入賞作品
各賞をクリックして詳細をご覧ください。
大賞 上位入賞 佳作 入選
  手づくりタウン賞

特別招待作品
特別招待作品とは、ポーセラーツ倶楽部本部事務局より依頼した方が制作された作品です。
昨年開催されたコンクールの大賞・優秀賞を受賞した5名を特別招待作家として位置付けています。
特別招待作品は、コンクールのテーマに関係なく制作した作品となっています。
>特別招待作品はこちらから

入賞作品展
今回のコンクールは東京会場と大阪会場に作品が分かれて展示されています。 アンデルセン部門・トワイニング部門の作品が並ぶ東京会場では、12月3日に授賞式も開催されました。
リッツ・カールトンのクリスマス部門の作品が並ぶ大阪会場では、コンクール作品の他、会場のザ・リッツ・カールトン大阪のホテル全体もクリスマスディスプレイが楽しめます。
>東京会場の様子はこちらから  >大阪会場の様子はこちらから

審査会
11月1日と4日に開催された審査会の様子です。どの作品もレベルの高く、審査会は白熱しました。
第1次審査を通過した300点以上の作品が並ぶ会場はまさに圧巻です。
>審査会の様子はこちらから