ポーセラーツ・第8回コンクール
ポーセラーツは平成10年8月に全国に発信し、現在では約3000名のインストラクターが全国で活躍しています。
そのポーセラーツでは、毎年ポーセラーツインストラクターや、愛好者を対象にコンクールを開催し、今年で8回目を迎えることになりました。
今年のコンクールテーマは下記5部門となっておりました。
約640点という例年の1.5倍の応募作品が集まり、厳しい審査の結果、119点の作品が選ばれました。
コンクールの様子をご覧ください。

大賞作品
画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます
おもてなしのティータイム部門 ふるさと名所・名品部門 宝箱部門

各部門入賞作品
<おもてなしのティータイム部門>
大切な人をおもてなしする時のティータイムを想定した部門。
誰と、どんなシチュエーションで何を飲むかなどイメージしながら作った実用的な作品が並びます。
また、ポーセラーツ作品がより魅力的に見えるよう、作者の世界観がより広がるように、ポーセラーツのティーセットの他に、手作りのクラフトを1点追加で制作する規定がありました。ランチョンマットやティーコゼー等々それぞれのティーセットがより引き立つクラフトとともにポーセラーツ作品をお楽しみいただけます。
<ふるさと名所・名品部門>
各地のご当地物を題材に飾り皿を作る部門。
どの作品も自分のふるさとを愛してやまない気持ちが溢れるものとなっています。
心温まるものから、迫力満点のものまで、それぞれのふるさとがお皿の中に詰まった作品が並びます。
<宝箱部門>
大切なもの、大切な思い出を閉じ込める「宝箱」そんな、大切なものを入れるふたものの作品。
インテリアとしても美しい、技術を複合した装飾的な作品が並びます。
<はじめてさん「ようこそ」部門>
ポーセラーツを始めて1年未満の方のみが参加している部門。
主に、転写紙の分解構成で作った作品が並びます。1年未満とはいえ、大変細かい作業の作品や、丁寧な作業はインストラクター顔負け!?のものも。
<ママとボクのペアカップ部門>
小学生以下のキッズとのペアでカップを作る部門。
大人では思いつかない大胆な構図や、思い切りの良い仕上がり。
お母さんと、お父さんと、おばあちゃんと、おじいちゃんと・・・ それぞれが楽しい思い出をカップにしてくれました。
見ていると思わず顔がほころんでくる作品です。

特別入賞作品
<クラフト*cafe賞>
ポーセラーツ作品と、手作りのクラフトの組み合わせが特に秀でている作品。
ポーセラーツ作品の世界観がクラフトが加わることでより表現されています。
クラフト*cafe、カントリークラフト他 編集長の秋間三枝子によって選ばれた作品。
<ポーセラーツ倶楽部賞>
ポーセラーツを楽しみ、ポーセラーツテクニックを十分に使いこなし、ポーセラーツならではの作品作りが特に秀でている作品。
<手づくりタウン賞>
手づくりタウン上にて開催された一般投票によって決定した作品。
投票は11月8日〜11月22日、手づくりタウンスタッフにより厳選された40点の作品の中よりしていただけました。

特別招待作品
特別招待作品とは、ポーセラーツ倶楽部本部事務局より依頼した方が制作された作品です。
昨年開催されたコンクールの大賞を受賞した3名を特別招待作家として位置付けています。
特別招待作品は、コンクールのテーマに関係なく制作した作品となっています。

入賞作品展
12月2日(土)〜6日(木)まで東京市ヶ谷にて、コンクール入賞作品展が開催されました。

授賞式
12月2日(土)に東京市ヶ谷にて授賞式が開催されました。
授賞式には78名の受賞者と、そのご家族、ご友人が集まりました。

審査会
約640点という例年以上の応募作品が集まった第8回コンクール。
会場には一時審査を通過した作品が一斉に並びました。

親睦交流会
美しい庭園に囲まれた由緒正しい「国際文化会館」にて、ポーセラーツ・第8回コンクールの応募に先駆け、インストラクター親睦交流会が開催されました。


Pagetop ↑