ポーセラーツ・第11回コンクール

  • ティーセット部門
  • プレート部門
  • 白磁ペイント部門
  • キッズ部門
  • だれでもマグカップ部門
  • 特別賞受賞作品
  • 特別招待作品

ポーセラーツ倶楽部は平成11年3月に発足し、現在では約4,000名のポーセラーツインストラクターが全国で活動しています。
ポーセラーツ倶楽部では毎年ポーセラーツコンクールを開催し、今回で第11回目を迎えることができました。
今回のコンクールは5部門設立され、部門ごとに揚げられたテーマに沿った作品を「インストラクター」、「白磁ペイント会員」、「愛好者」から約450点のご応募をいただきました。
本誌ではその中から選ばれた入賞作品49点と、第2次審査通過作品207点、前回大賞受賞者による特別招待作品3点、計259点の作品をまとめています。
小学生以下のお子様が作ったかわいらしい作品から、焼成を重ねて作った芸術性の高い作品まで、ポーセラーツの今後の可能性を感じることができる素晴らしい作品の数々をご堪能ください。

画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます
Internet ExplorerはVer7.0以上を推奨いたします。最新版のダウンロードはこちら

ティーセット部門*大賞

プレート部門*大賞

白磁ペイント部門*大賞

審査員からのコメント

本郷裕一郎
チャイナペインター、
アトリエDECO主宰

本郷裕一郎さん

ポーセラーツ・第11回コンクールについてどんな感想を持たれましたか?
“しあわせ”というテーマをどのように租借され、イメージし、そして制作されるのか、審査前からわくわくしていました。 審査会場にそろえて展示してある作品達は、どれも私の想像を超えるものばかり。それぞれの作品から、たくさんの“しあわせ”が感じられるコンクールでした。
また、とても洗練されたデザインの作品に、昨年より今年への進化を感じました。
ポーセラーツインストラクターへ一言
転写紙というインダストリアルな素材を用いて、どこまで手作り感のある温もりや表情を表現できるか? これは、ポーセラーツの永遠のテーマだと私は思います。
よりレベルの高い作品制作をしていく上で、デザインの変化していくべきもの、変化しない物の住み分けは大事なことでしょう。次回のコンクールも楽しみです。
本郷裕一郎
岐阜県陶磁器デザイナー協会会長、ポーセラーツオリジナル転写紙デザイナー

纐纈錬一さん

ポーセラーツ・第11回コンクールについてどんな感想を持たれましたか?
“しあわせ”というテーマを意識し、それぞれがオリジナリティを持った作品作りをしていると思いました。ポーセラーツの楽しさ、そして奥深さを作品から感じました。それぞれの作品の完成度が高く、感激を受けました。
審査員として責任のある立場ではありましたが、非常に良い作品を見ることができて嬉しく思います。
ポーセラーツインストラクターへ一言
手描きと転写紙の使い分けがとてもうまく、適切に使われていると思いました。インストラクターの皆様の上絵付け作家としての感覚は素晴らしいと思います。
今後のご活躍も心から楽しみにしています。
本郷裕一郎
トールペイント作家、
白磁ペイント作家

森初子さん

ポーセラーツ・第11回コンクールについてどんな感想を持たれましたか?
私は白磁ペイントを楽しむ一人として作品を拝見し、トールペイントの技術を駆使した個性豊かな白磁ペイント作品に驚きました。
ポーセラーツ作品の転写紙の使い方の独創性と完成度の高さに創作の可能性のひろがりを実感しました。
ポーセラーツインストラクターへ一言
白磁ペイントはトールペイントで培った技術をどの様に取り入れ、生かしていくかが課題。
失敗を恐れず、色んな描き方にチャレンジして暮らしを彩る楽しみを広げて頂きたいと思います。
ポーセラーツの幅広い年齢層の楽しさにあふれた作品に触れることが出来ました。今後のポーセラーツの広がりに期待します。
本郷裕一郎
ポーセラーツ技術顧問

児島奈津子さん

ポーセラーツ・第11回コンクールについてどんな感想を持たれましたか?
オリジナリティ、バラエティに富んだ完成度の高い作品が多く、甲乙付けがたい審査となりました。閉塞感の強い社会状況の中、明るく前向きなそれぞれの『しあわせ』感があふれたカラフルな作品群に感動し、あたたかな気持ちになりました。節目の10年からの新しいスタート、次の10年の間にはどんな作品に出会えるのか、とても楽しみです。
ポーセラーツインストラクターへ一言
色使い、デザインのバランス、テクニックの組み合わせや活かし方が、さらに洗練され、表現の幅も広がっているように思います。ポーセラーツならではの自由さを大切に、今後も素晴らしい作品作り、お仲間作りをともに楽しんでいきましょう。
本郷裕一郎
(株)日本ヴォーグ社代表取締役社長

瀬戸信昭

ポーセラーツ・第11回コンクールについてどんな感想を持たれましたか?
今年もコンクールを開催できたことを嬉しく思います。
“しあわせ”というテーマにふさわしく、ハートウォーミングな作品が数多く集まりました。小さなお子様の作品をはじめ、多くの方が表現する“しあわせ”をたくさん感じさせていただきました。
ポーセラーツインストラクターへ一言
ポーセラーツを楽しまれているお気持ちを大切に。作家として、お教室活動の講師として、皆さんのご活躍を心よりお祈りいたします。
これからもポーセラーツを通じ、より楽しい手づくりライフのために努めて参ります。
Pagetop ↑